公開日 2017年04月04日

劇団 小松台東『山笑う』

作・演出:松本哲也

妹が実家に帰ってきた。ずいぶん母に心配させた妹が、母が死んでようやく。
なぜか得体の知れない男を連れて。なんでよりによってこんな日に・・・。

全編宮崎弁で贈る、哀歓の物語。

『山笑う』初演 2014年12月
会場:新宿眼科画廊 スペース地下
撮影:下田直樹

2017年5月19日(金)〜28日(日) 全12公演 
上演時間:1時間40分(途中休憩はございません)
三鷹市芸術文化センター 星のホール

チケット
本公演は終了しました。    

小松台東『山笑う』スケジュール
☆早期観劇割引 ★平日マチネ割引 【託】託児サービス実施
■アフターイベントあり *詳細は決定次第、財団WEBやTwitterで発表します。

【全席自由】会員 前売3,100円・当日3,400円 一般 前売3,500円・当日3,800円
学生 2,000円(前売・当日とも) 高校生以下 1,000円(前売・当日とも)

*早期観劇割引・平日マチネ割引の回は、会員・一般のみ各300円引き。
*日時指定・整理番号付
出演川村紗也、瓜生和成(東京タンバリン)、
荻野友里(青年団)、山田百次(劇団野の上/青年団リンク ホエイ)、
尾倉ケント、松本哲也
チラシPDF
託児サービス申込終了  

主催:公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団

電話:0422-47-5122(三鷹市芸術文化センターチケットカウンター)

今回の公演に寄せて、松本哲也さんからのメッセージ

「山笑う」は2014年“僕たちが好きだった川村紗也”というユニットに書き下ろした宮崎弁の作品です。外部公演に宮崎弁の芝居を提供することは珍しいのですが、本作は多くのお客様からご好評頂き、是非、「小松台東」でも上演してほしいとの声を頂戴しました。

という訳で、初演から3年。キャストを一部改め、「小松台東」色を強めにし、満を持して三鷹市芸術文化センター星のホールにて上演いたします。ご期待ください。

劇団プロフィール

作・演出を務める松本哲也の一人劇団。
2010年の旗揚げ以降、出身地である宮崎県を話の舞台に、現代“宮崎弁”口語演劇を行っている。のんびりとした宮崎弁から繰り広げられる小松台東の物語は、切なく可笑しく暖かい。

HP|http://komatsudai.com
Twitter|@komatsudai

【CASTコメント】

松本哲也

松本哲也
この作品をやれる喜び。観てもらえる嬉しさ。神経張り巡らせて稽古しております。ご期待下さい。劇場で会いましょう。

川村紗也

川村紗也
松本哲也はグザヴィエ・ドラン(宮崎の)であり向田邦子(宮崎の)であると割りと本気で思ってます。観るべしです!

瓜生和成

瓜生和成
日々立ち塞がる人生の難題。解決しても新しい荒波は押し寄せる。1つずつ解決して山笑えたらとゆう心持ちで挑みます。‬

荻野友里

荻野友里
演出から作品の新しい方向性を聴き、わくわくしています。2年前よりさらにドラマを深めて演じたいと思います。

山田百次

山田百次
親戚によくいる、無礼で馴れ馴れしくて、良い人なんだけど腹が立つ。そんな英二をまた演れるのが喜びです。

尾倉ケント

尾倉ケント
初めての星のホールは裏社会の情報屋の役でした。10年経ち、2児の父となり中学生の役です!頑張ります!

インタビュー

作・演出・出演の松本哲也さん、出演の川村紗也さん、荻野友里さんに、お話をうかがいました。
インタビューのページはこちら→http://mitaka-sportsandculture.or.jp/interview/2017040400019/

【MITAKA ARTS NEWS】*上のインタビューとは別の収録です。(出演:松本哲也、川村紗也、瓜生和成、山田百次)

YouTube で見る