公開日 2017年05月31日

CINEMA SPECIAL

三回忌・原節子

7月22日(土)『安城家の舞踏会』『晩春』

平成二十七年九月五日。

多くの人々の、女優・原節子への再会の願いを叶えること無く、
一人の女性として、会田昌江は、静かに、その生涯を閉じる。

享年、九十五歳。

それはまるで、ただの一度も引退の言葉を口にすることなく、
四十二歳の若さで銀幕を去った、あの時のように。静かに。

三回忌、原節子。

もう一度、会いたい。

「麥秋」 ©1951松竹株式会社

2017年7月22日(土) 昼の部11:00/夜の部16:00上映
三鷹市芸術文化センター 星のホール

チケット
[夜の部チケット発売中] *昼の部完売    

WEB予約

【全席指定】各回 会員900円 一般1,000円 学生800円
各回2本立て/昼夜入替制/全席指定
出演『安城家の舞踏会』(1947年/松竹大船/89分/白黒/35mm)
監督・原作:吉村公三郎 脚本:新藤兼人
出演:原 節子、滝沢 修、森 雅之、逢初夢子、津島恵子、清水将夫

『晩春』(1949年/松竹大船/108分/白黒/35mm)
監督:小津安二郎 原作:廣津和郎 脚本:野田高梧、小津安二郎
出演:原 節子、笠 智衆、月丘夢路、杉村春子、三宅邦子、三島雅夫
チラシPDFflyer[PDF:306KB]
託児サービスなし  

主催:公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団

電話:0422-47-5122(三鷹市芸術文化センターチケットカウンター)

【お客様へ】
上映に際しましては、試写を行うなど最善を尽くしておりますが、製作年数が古いため、フィルムの状態(映像・音声等)が悪い場合がございます。ご了承のうえ、ご覧いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

【原 節子】

1920年(大正9年)6月17日、神奈川県橘樹(たちばな)区保土ヶ谷町(現在の横浜市保土ヶ谷区)に生まれる。
本名、会田(あいだ)昌江(まさえ)。1935年(昭和10年)8月、15歳の時に、田口哲監督作品『ためらふ勿れ若人よ』でデビュー。
その映画での役名「節子」をもとに、当時の撮影所長が「原 節子」の芸名をつけ、以後、スタッフからは「お節っちゃん」と呼ばれる。
その後、生涯で100本を超える映画に出演したが、1962年(昭和37年)11月に封切られた稲垣浩監督作品『忠臣蔵 花の巻、雪の巻』を最後に、42歳の若さで銀幕から去り、以後、表舞台に出ることは一切無かった。 2015年(平成27年)9月5日死去。享年95歳。

三回忌・原節子

スケジュール

【MITAKA ARTS NEWS】

YouTube で見る

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード