公開日 2018年03月29日

古今亭菊之丞 独演会

<演目>
『たらちめ』古今亭まめ菊、『風呂敷』古今亭志ん吉、『酢豆腐』古今亭菊之丞 ~仲入り~ 『くっしゃみ講釈』笑福亭銀瓶、『妾馬』古今亭菊之丞

2018年 7月14日(土) 14:00開演
三鷹市芸術文化センター 星のホール

チケット
【完売御礼】本公演は、終了いたしました。ご来場いただきまして、誠にありがとうございました。    
【全席指定】会員2,700円 一般3,000円 学生2,000円 高校生以下1,000円
*未就学児は入場できません。
出演古今亭菊之丞、笑福亭銀瓶(上方落語)、古今亭志ん吉、古今亭まめ菊、金山はる社中(お囃子)
チラシPDFflyer[PDF:734KB]
託児サービス申込終了  

主催:公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団

電話:0422-47-5122(三鷹市芸術文化センターチケットカウンター)


古今亭菊之丞 独演会 番組

華のお江戸の息吹を感じたいなら、この人、古今亭菊之丞師匠。
まるで“江戸の町から抜け出した若旦那”のごとき様子の良さと、
軽やかで軸のぶれない語り口で、聴く者を江戸の街へといざないます。
夏の一日、江戸の風を感じながらの“ひとときの涼”。お待ちしております。

菊之丞師匠から、今回の公演に寄せてのメッセージ

今回で九回目となる三鷹での独演会は、私が「大阪のアニキ」と慕う、笑福亭銀瓶師匠(平成29年度文化庁芸術祭優秀賞受賞)に登場していただきます。今から十年以上前、とある大阪の落語好きの料亭のご主人から「銀瓶君とタッグを組みませんか?」と持ちかけられたのがきっかけで、年に一度、大阪の天満天神繁昌亭に、お招きいただいております。さあ! 今度はこちらがお呼びする番と、お声掛けしたような次第。どうぞお楽しみに。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード