公開日 2019年03月29日

日本のラジオ『カケコミウッタエ』

「富嶽の会」の代表は、3日たっても戻ってこなかった。
拘置所内で自殺したのだ。
しかし彼の死をきっかけに、会の結束は今まで以上に高まった気がする。
わたしはそれが、とても悔しくてたまらないのだ。
あいつもこいつもそいつもどいつも、彼のことなんかこれっぽっちもわかりやしなかったのに。
わからないことをわかっていたのは、わたしだけだったのに。

太宰治の『駈込み訴え』をモチーフに、恋と恋と恋にまつわる短いお話。

日本のラジオ『カケコミウッタエ』

2019年 5月25日(土)〜6月2日(日) 全11公演 
三鷹市芸術文化センター 星のホール

チケット
[チケット発売中]    

WEB予約

【全席自由】(日時指定・整理番号付)
【会員】 前売2,500円・当日2,700円
【一般】 前売2,800円・当日3,000円
【学生】 1,500円(前売・当日とも)
【高校生以下】 1,000円(前売・当日とも)
★早期観劇割引・平日昼公演割引は、各300円引き
*未就学児は入場できません。
出演作・演出:屋代秀樹
出演:安東信助、沈 ゆうこ、田中 渚(以上、日本のラジオ)、
   岡野康弘(Mrs.fictions)、
   辻 響平(かわいいコンビニ店員飯田さん)、豊田可奈子、
   フジタタイセイ(劇団肋骨蜜柑同好会)、坊薗初菜、
   宝保里実(コンプソンズ)、横手慎太郎(シンクロ少女)
チラシPDF
託児サービスあり  *5/25(土)のみ

主催:公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団

電話:0422-47-5122(三鷹市芸術文化センターチケットカウンター)

日本のラジオ『カケコミウッタエ』schedule
*上演時間は1時間30分を予定しております。途中休憩はございません。
★…早期観劇割引 …平日昼公演割引 【託】…託児あり

 

【劇団プロフィール】
 読み方は「にほんのらじお」。
 劇団キャッチコピーは「さわやかな惨劇」。
 2006年に代表の屋代秀樹が自作の戯曲を上演するために旗揚げ。
 本公演以外ではコメディやシュールコントも手掛ける。
 HP|http://razio.jp 
 Twitter|@nihonnorazio

今回の公演に寄せて、屋代秀樹さんからのメッセージ

屋代秀樹太宰と同郷の作家、葛西善蔵が好きなので、最初は太宰の『善蔵を思う』という小説を題材にと思っていたのですが、まあマイナー作品なので、結局作品として一番好きなのを基に作ることにしました。葛西は私小説の極北として、くだらない人生をそのまま小説にしたような人でしたが、太宰の小説は、なんだかわざとらしく嘘くさくしてる気がします。太宰はほんとうのことなんか、絶対そのまま言いたくなかったんだろうなって思います。

モチーフ作品 太宰 治『 駈込み訴え』

1940年(昭和15年)雑誌「中央公論」2月号に掲載された短編。「申し上げます。申し上げます。旦那さま。あの人は、酷い。酷い。はい。厭な奴です。悪い人です。ああ。我慢ならない。生かして置けねえ。」で始まる、全編一人称独白体の小説であり、キリストへの愛憎が渦巻き、激しく揺れるユダの心情を、淀みない筆致で描いた傑作。

インタビュー

作・演出の屋代秀樹さん、出演の安東信助さん、沈ゆうこさんに、お話を伺いました。
インタビューは、こちらをご覧ください。☞ http://mitaka-sportsandculture.or.jp/interview/20190525interview/