"マンドリン界のヒーロー" アヴィ・アヴィタルさんからのメッセージ

公開日 2017年04月19日

アヴィ・アヴィタル photo: Harald Hoffmann/DG

いよいよ4月23日(日)、風のホールに初登場となるスーパー・マンドリニスト(マンドリン奏者)、
アヴィ・アヴィタルさん(photo: Harald Hoffmann/DG)からのメッセージをご紹介いたします!!

アヴィ・アヴィタルさんは
2010年にマンドリニストとして史上初のグラミー賞ノミネート、
2015年にドイツ・エコー賞受賞
「絶妙にセンシティヴな演奏」「驚くほど素晴らしい指捌き」(ニューヨーク・タイムズ)
「マンドリンにこんなことができるとは夢にも思わなかった・・・まさにそのヴィルトゥオジティと集中は息をのむような素晴らしさであった」(イスラエル・ハアレツ)

と称される、まさにマンドリン界の若きヒーローです。

 

**********

 

皆さま、こんにちは!
マンドリニストのアヴィ・アヴィタルです。

これまで演奏した中でも最高のプログラムの一つと一緒に日本に戻って来られるので、とても興奮しています!アントニオ・ヴィヴァルディの天才性を、彼が特に好きだった楽器の一つであるマンドリンを通じて、広く皆さまに知っていただければと思っています。
今回のプログラムは、『四季』の有名な「夏」をはじめとするヴィヴァルディの非常によく知られた作品と、マンドリンのために書かれたものの、滅多に聴かれる機会のない作品をあわせたものになります。

私とヴェニス・バロック・オーケストラとのコラボレーションは2014年に始まりました。2015年にドイツ・エコー賞を受賞したアルバム『Vivaldi』をドイツ・グラモフォンで録音して以来、北米、南米、ヨーロッパ中で彼らと共に演奏してきましたが、遂に、日本でもお披露目できることになったのです!
ヴェニス・バロック・オーケストラとの仕事を通じて、私は日々多くのことを学び、心から喜びを感じました。音楽の誕生の地と同郷である彼らは、鮮烈な新しい解釈で音楽の真実の姿を伝えようとします。 私は、彼らとともにヴェネツィアで過ごしているうちに、この街の文化、方言、メンタリティによりいっそう親近感を持つようになりました。そのことが、郷土の英雄でもあるアントニオ・ヴィヴァルディの音楽の理解を深める手助けになったように思います。
4月にお会いするのを楽しみにしています!―アヴィ・アヴィタル

協力:株式会社アレグロミュージック/
翻訳・編集:音楽担当 大塚真実

***********
アヴィ・アヴィタルの最新情報は下記のサイトでチェック!!
■オフィシャル・ウェブ・サイト
http://www.aviavital.com/

■YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/aviavital

■Facebookページ
https://www.facebook.com/aviavital

■Twitter
https://twitter.com/aviavital

-----
アヴィ・アヴィタル&ヴェニス・バロック・オーケストラの演奏はこちらのリンクからもご覧になれます。
■ヴィヴァルディ:マンドリン協奏曲ハ長調
Avi Avital - Mandolin Concerto In C Major - Vivaldi (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=aXBWrNN64z8

また、筆者お気に入りの映像の中からいくつかをピックアップしてみました。
■Alice Sara Ott - Romanian Folk Dances - Bartok - Avi Avital (Live)
共演:アリス=紗良・オット(風のホールには10代の頃にシリーズ「21世紀の旋律を聴く」2006年11月に出演)
https://www.youtube.com/watch?v=weiGPNgHyWA

■Avi Avital - Between Worlds - Bucimis (Live)
ブルガリアの民謡「ブチミシュ」をソロで。
Avi Avital - Between Worlds - Bucimis (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=wJDPan6HJd0

公演の詳細はこちらをご覧ください。
http://mitaka-sportsandculture.or.jp/geibun/wind/event/2017022000138/
チケット好評発売中。皆さまのお越しをお待ちしております。