Message from ジャン=ギアン・ケラス(チェロ)

公開日 2018年09月13日

公演が迫っているジャン=ギアン・ケラスさんからメッセージをいただきました!
≪三鷹のコンサートにいらっしゃる皆さまへ≫

  このたび約6年ぶりに三鷹で演奏させていただく機会をいただき、大変嬉しく思っております。
  三鷹市芸術文化センター風のホールでは、2005年に友人でもある野平一郎氏とベートーヴェンを、2012年にはAKAMUS(ベルリン古楽アカデミー)
との共演で、ヴィヴァルディのチェロ協奏曲を演奏しました。今回は南仏で暮らしていた頃の幼なじみであるザルブ、ダフ奏者のシェミラーニ兄弟、
そして彼らの紹介で出会ったリラ奏者のソクラティスと共に、時空を超越した音楽の旅へと皆さまをお連れしたいと思います。

  私は幼い頃3年間アルジェリアで暮らしたのですが、その頃に聴いたエキゾチックなメロディや言葉の響きにすっかり魅了されてしまいました。
その音はヨーロッパで暮らすようになってからも耳に残っていて、自分自身が演奏している西洋音楽と異国の音楽を繋ぐようなことをやってみたいと
思うようになりました。そして23歳の頃、幼なじみのシェミラーニ兄弟を誘って、初めて彼らとのコラボレーションを試みたのです。それから四半世紀
以上の年月が経ちましたが、彼らとのコラボレーションは常に新鮮で刺激に満ちていて、決して飽きることがありません。

 今も目を閉じるとシェミラーニ兄弟のザルブやダフの音、そしてソクラティスが奏でるリラのメロディが響いてきて、はるか遠くへと誘われているような
感じがします。

 皆さんと共に、この音楽の旅をご一緒することを楽しみにしています!
                                                          
                                                                                                          ジャン=ギアン・ケラス
ジャン=ギアン・ケラス&フレンズ
トラキア・プロジェクト~クラシックとギリシャ・ペルシャ伝統音楽の架け橋~
公演詳細ページ→http://mitaka-sportsandculture.or.jp/geibun/wind/event/20180923/