三鷹市の芸術文化施設の使用に際しての新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインについて

公開日 2020年06月24日

公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団が管理運営する三鷹市の芸術文化施設の使用に際しての新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインを施設ごとに次のように定めました。三鷹市の芸術文化施設を使用される事業主催者、出演者およびスタッフの皆様ならびに施設を使用される皆様におかれましては、このガイドラインを守った施設使用をお願いいたします。
なお、財団職員および施設管理委託業者従業員(以下単に「職員」という。)ならびに施設においても、次の対策に取り組みます。

職員および施設における取組
● 職員は、毎日体温測定を実施し、健康状態を確認します。
● 職員は、手洗い・手指消毒を励行します。
● 職員は、マスクを着用します。業務内容に応じ、フェイスガードや手袋を装着する場合があります。
● 施設の出入口に感染防止に関する表示を設置します。
● 施設の出入口、貸出室内およびトイレに手指消毒剤を設置します。
● 受付窓口に飛沫防止のためのビニールカーテンを設置します。
● 施設・設備のこまめな清掃・消毒及び換気の実施に努めます。

施設使用ガイドライン
● 三鷹市芸術文化センター 風のホール星のホール美術創作室美術展示室音楽練習室会議室
● 三鷹市公会堂 光のホールさんさん館
三鷹市美術ギャラリー
三鷹市山本有三記念館
みたか井心亭
太宰治文学サロン

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード