公開日 2017年04月04日

トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア 第75回定期演奏会

ベートーヴェン 夏のシンフォニー
沼尻竜典の弾き振りによるモーツァルト ピアノ協奏曲全曲演奏第15弾

沼尻竜典(音楽監督・指揮/ピアノ)

2017年7月29日(土)  15:00開演
三鷹市芸術文化センター 風のホール

チケット
チケット発売中    

WEB予約

【全席指定】会員 S席5,400円  A席4,500円
一般 S席6,000円  A席5,000円
*U-23(23歳以下/S席・A席共通) 3,500円
●三鷹市内在住・在学の小学生から高校生2,000円
*会員・一般券ご購入者と同伴の場合のみ適用(電話予約のみ)
*中学生以上の方は公演当日に身分証明書をご持参ください。
出演沼尻竜典(音楽監督・指揮/ピアノ)
トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア(管弦楽)
曲目オネゲル:夏の牧歌
モーツァルト:ピアノ協奏曲第18番変ロ長調K.456
ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調op.68『田園』
チラシPDFflyer[PDF:724KB]
託児サービスあり  申込締切 7月15日(土)

主催:公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団

電話:0422-47-5122(三鷹市芸術文化センターチケットカウンター)

※一部先行して掲載されている公演情報から曲目が変更となっております。当財団ウェブサイトおよびチラシに掲載されている曲目が最新のものとなります。予めご了承ください。

C_YUSUKETAKAMURA
©YUSUKE TAKAMURA

トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア第75回定期演奏会は、夏の音楽をテーマにした選曲と沼尻竜典の弾き振りで、モーツァルトのピアノ協奏曲から成るプログラムをお贈りします。

冒頭を飾るのは、プーランク、ミヨーといった若手作曲家グループ、“フランス六人組”の一人、オネゲルが、スイスの景勝地で書いた交響詩『夏の牧歌』。ランボーの詩『イリュミナシオン』の一節に霊感を得たこの作品から、風光明媚なアルプス地方の夏の光景を想起させることでしょう。

そして、“ここ、三鷹でしか聴けない”沼尻竜典の弾き振りでお届けするのは、モーツァルトのピアノ協奏曲第18番。3月の定期演奏会で演奏された第22番と同様に、モーツァルトがウィーンで大活躍していた頃の作品で、才能豊かな女性ピアニスト、パラディスのために作曲されました。初演を聴いた皇帝ヨーゼフ二世が、「ブラーヴォ、モーツァルト!」と叫んだ、と父レオポルトが娘(モーツァルトの姉)ナンネルに書いた手紙が残っており、1年半後に完成する歌劇『フィガロの結婚』に相通じる華やかさ、軽快さも感じられる作品です。

後半は、今年没後190年を迎えるベートーヴェンの交響曲から、1808年夏に完成の『田園』を取り上げます。2007年の第43回の再演以来、実に10年ぶりの演奏に期待が高まります。初演に用いた第1ヴァイオリンのパート譜に、自ら「田舎での生活の思い出。絵画というよりも感情の表出」などと書き込むなど、単なる自然描写にとどまらず、のどかな田園の印象に基づく感情の表現が垣間見えます。

沼尻の指揮と“ミタカ・フィル”の精緻な合奏から生まれる豊かなオーケストラ・サウンドが、爽やかな風と煌めく太陽の光を運びます。どうぞお聴き逃しなく。

 

好評企画 リハーサル見学会

本公演の前日に行われるリハーサルの一部をご覧いただく見学会を開催します。

【日時】 2017年 7月28日(金) 14:00〜15:00
【定員】 60人
【要予約】 Tel: 0422-47-5122
【受付開始】 会員4/12(水) 一般4/19(水)
【参加方法】 本公演のチケット持参の方は無料。見学会のみご希望の場合は、当日500円をいただきます。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード