トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア


©YUSUKE TAKAMURA

沼尻竜典

沼尻竜典(トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア 音楽監督・指揮)
Ryusuke Numajiri, Music Director / Conductor

三鷹市出身。びわ湖ホール芸術監督、トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア音楽監督。

1990年ブザンソン国際指揮者コンクール優勝。ロンドン交響楽団、モントリオール交響楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、トゥールーズ・キャピトル管弦楽団、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団、トリエステ歌劇場管弦楽団、シドニー交響楽団等欧米各国のオーケストラを指揮。国内ではNHK交響楽団を指揮してのデビュー以来、新星日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、群馬交響楽団、日本センチュリー交響楽団のポストを歴任、さらにドイツではリューベック歌劇場音楽総監督を務めオペラ公演はもちろんリューベック・フィルとのオーケストラ公演でも数々の名演を残した。

自ら結成したトウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア(旧トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ)との活動は三鷹市芸術文化センターを拠点に20年を超え、「ベートーヴェン交響曲全集」をはじめ数々の録音も高く評価されている。オペラ指揮者としては1997年に《後宮からの誘拐》でデビュー、近年では、ケルン歌劇場、バイエルン州立歌劇場、ベルリン・コーミッシェ・オーパー、バーゼル歌劇場、シドニー歌劇場等へも客演。また、びわ湖ホール、リューベック歌劇場でも数々のプロダクションを成功に導いている。2011年夏にはサイトウ・キネン・オーケストラへデビュー、バルトーク≪中国の不思議な役人≫で成功を収めた。

2014年1月にはオペラ《竹取物語》を作曲・世界初演、国内外で再演されている。

2017年紫綬褒章受章。

沼尻竜典公式ホームページ http://ryusukenumajiri.com/ja/
公式Facebookページ https://www.facebook.com/numajiri1990/

トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア
Tokyo Mitaka Philharmonia

トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニアは、1995年三鷹市芸術文化センター開館時に三鷹市出身の指揮者、沼尻竜典の呼び掛けにより誕生したトウキョウ・モーツァルトプレーヤーズが創立20周年を迎えたことを機に、2016年に名称を変更したプロフェッショナル・オーケストラである。三鷹市芸術文化センター風のホールに本拠を置き、びわ湖ホール芸術監督など国内外で活躍を続ける沼尻竜典を音楽監督に擁し、メンバーは国内外のオーケストラやソリストとして活躍する日本人の若手演奏家が多く参加しているのが特徴である。同センターでの定期演奏会のほか、活動の舞台を三鷹市以外にも広げて演奏活動を展開する。メンバーは、みたかジュニア・オーケストラの演奏指導、三鷹市内の小学校へのアウトリーチも行うなど、活動は多岐にわたる。


第73回定期演奏会(2016年7月)出演メンバーより©YUSUKE TAKAMURA

最新公演情報

第80回定期演奏会

トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア 第80回定期演奏会
2020年3月14日(土) 15:00開演
三鷹市芸術文化センター 風のホール

出演
沼尻竜典(指揮・音楽監督)
吉野直子(ハープ)
横山幸雄(ピアノ)
トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア(管弦楽)

曲目
ロドリーゴ:アランフェス協奏曲(ハープ版)
ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調
モーツァルト:交響曲第39番変ホ長調K.543