公開日 2020年12月08日

太宰治展示室 三鷹の此の小さい家 開設記念企画

三鷹市収蔵・太宰治資料展

̶津島家寄託資料を中心に̶

2020年12月8日(火)~2021年7月25日(日) 10:00~18:00
太宰治展示室 三鷹の此の小さい家(三鷹市美術ギャラリー)

休館日:月曜日
*月曜日が休日の場合は開館し、休日を除く翌日・翌々日が休館
*展示替えなど臨時休館あり
*1/13(水)開館。ただし、窓口業務(チケット販売・施設利用申込)は休止

観覧無料

太宰治展示室 三鷹の此の小さい家(三鷹市美術ギャラリー)
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-35-1 CORAL(コラル)5階→会場地図
電話:0422-79-0033

主催:三鷹市、公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団


三鷹市収蔵・太宰治資料展

2020年12月8日にオープンした、太宰治展示室三鷹の此の小さい家 の企画展示室では、開設記念企画として、津島家寄託資料を公開しています。

津島家から寄託されたその資料の大半が、太宰治が家庭人として過ごした証とも言える、三鷹での暮らしぶりや日常を彷彿させる生活記録です。それ故に、一作家活動の軌跡を示すものというよりも、いちばん長く生活を営んだ三鷹でこそ輝きを放ち続けるものと言えるでしょう。

また、初公開となる太宰治の油彩画(2021年6月6日まで)や、太宰が懇意にした編集者、野平健一の結婚祝いに贈った書(2021年2月28日まで)を、開設記念として、期間限定で公開しています。

原稿や葉書などに加え、絵画、書、生活記録などバラエティーあふれる資料の展示に、体験型展示室を備えた「三鷹の此の小さい家」。小さいながらも見どころ満載です。ご来館をお待ちしております!