公開日 2020年04月03日

【開催中止のお知らせ】
 新型コロナウイルスの影響に伴い、本公演は開催を中止させていただくことになりました。公演を楽しみにしていただいたお客様には、心よりお詫びを申し上げます。

出演:古谷一行
朗読作品:『美男子と煙草』
昭和23年『魚服記』昭和8年『列車』昭和8年『たずねびと』昭和21年

太宰 治
写真提供:公益財団法人日本近代文学館

2020年 6月20日(土) 14:00開演
三鷹市芸術文化センター 星のホール

チケット
***新型コロナウイルスの影響に伴い、開催中止となりました。***    
【全席指定】会員2,700円 / 一般3,000円
学生2,000円(当日学生証拝見) / 高校生以下1,000円(当日学生証拝見)
出演古谷一行
【朗読作品】
『美男子と煙草』昭和23年
『魚服記』昭和8年
<休憩>
『列車』昭和8年
『たずねびと』昭和21年
チラシPDF
託児サービスあり  *未就学児は入場できません。

主催:公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団

電話:0422-47-5122(三鷹市芸術文化センターチケットカウンター)

今なお世代を越えて読み継がれている太宰治は、
昭和14年9月に三鷹市(当時は三鷹村)下連雀に居を構え、
戦時中の疎開期間を除き、昭和23年にこの世を去るまで、この地で暮らしました。
太宰の眠る禅林寺は、芸術文化センターのすぐそばにあり、
毎年6月19日の「桜桃忌」には、たくさんの太宰ファンが訪れています。

太宰治を偲んで始めた「太宰を聴く」も20回目を迎えました。
本年の朗読は、映画に TVに舞台にと、
幅広い活躍をされている俳優、古谷一行さんです。ご期待ください。

 

出演者プロフィール

古谷一行

1944年生まれ。東京都出身。1964 年俳優座養成所に入所し、67年劇団俳優座(16期)入団。72年に退団後は映画、テレビ、舞台と幅広く活躍中。ドラマの代表作品としては、「横溝正史シリーズ」の『金田一耕助』役や、「松本清張スペシャル」「金曜日の妻たちへ」「オレゴンから愛」等、数多くの作品で主演を務める。近年ではNHK 連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年)WOWOW「監査役 野崎修平」(2018年)、「ひよっこ2」(2019年)、NHKBS プレミアム 「お父さんと私の“シベリア抑留”」(2019年)、CX 年末スペシャルドラマ「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」(2019年)、NHKBS 新春時代劇「立花登青春手控えスペシャル」(2020年)、CX スペシャルドラマ「剣客商売 婚礼の夜」(2020年)、舞台 「アルトゥロ・ウイの興隆」演出:白井晃(2020年)、映画「マチネの終わりに」(監督:西谷弘/2019年)などがある。