公開日 2020年05月26日

ふと思い出される、あの眼差し、あの囁き、そして、あの後ろ姿。
永遠に記憶に刻まれ続ける、忘れえぬ、名シーン。
世界中を魅了した、名画の数々に、今、スクリーンで逢える。

アントン・カラスの奏でるチターの音色に浮かび上がる、モノトーンの映像美。
一度は観たい、そして、何度観ても新しい、時を超えて色褪せぬ、不朽の名作。

CINEMA SPECIAL 洋画名作劇場『第三の男』poster
提供:アイ・ヴィー・シー

2020年9月19日(土) 午前の部11:00〜12:44 / 午後の部14:00〜15:44
三鷹市芸術文化センター 星のホール

チケット
[チケット発売日] 会員7月16日(木) / 一般7月17日(金)    
【全席指定】会員450円/一般500円/学生400円
*未就学児は入場できません。
上映作品『第三の男』 The Third Man
 (1949年/イギリス/104分/モノクロ/DVD)
 監督:キャロル・リード 
 出演:ジョゼフ・コットン、オーソン・ウェルズ、
    アリダ・ヴァリ、トレヴァー・ハワード、
    バーナード・リー、エルンスト・ドイッチュ、
    ジークフリート・ブロイアー、
    エリッヒ・ポント、パウル・ヘルビガー
チラシPDF
託児サービス  

主催:公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団

電話:0422-47-5122(三鷹市芸術文化センターチケットカウンター)

【協力】株式会社ムービーマネジメントカンパニー

CINEMA SPECIAL 洋画名作劇場『第三の男』
提供:アイ・ヴィー・シー
影が光を映し出し、沈黙が想いを語る。

第二次世界大戦後まもなく、米英仏ソによる四分割統治下にあったオーストリアの首都ウィーンを舞台に、そのあまりにも美しいモノトーンの映像美と、一点の隙もないスリリングなストーリー、そして、時を超えて響き続けるアントン・カラスの奏でるチターの音色が観る者の心を掴んで離さない、映画史が誇る、不朽の名作。

あの、オーソン・ウェルズの少し俯いた微笑みが、幾千もの言葉を凌駕する一瞬。

一度は観たい、そして、何度観ても新しい。『第三の男』を、スクリーンで。

 


客席イメージ グレーのお席はご利用いただけません。

【お知らせ】ホール公演において、お客様同士(客席間)の距離を確保するため、当面の間は定員に対しておおむね50%の入場制限を設けることとなりました。新型コロナウイルス感染拡大の対策となりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
座席表はイメージですので、実際にご利用いただける座席とは異なる場合があります。