公開日 2022年03月08日

小松台東『シャンドレ』
『シャンドレ』2020年11月 こまばアゴラ劇場 撮影:向殿政高
『シャンドレ』2020年11月
こまばアゴラ劇場 撮影:向殿政高
2022年 5月27日(金)~ 6月5日(日) 全13公演
三鷹市芸術文化センター 星のホール
チケット
[チケット発売中]    

WEB予約

★… 早期観劇割引 ☆… 平日夜公演割引 【託】… 託児あり
AT… 劇団員によるアフタートークあり
*6/3(金)「出演者によるアフタートーク」を実施することが決定しました。

【全席自由】(日時指定・整理番号付き)
【会員】前売 3,100円 / 当日3,400円
【一般】前売 3,500円 / 当日3,800円
【学生】前売・当日とも2,000円(当日学生証提示)
【高校生以下】前売・当日とも1,000円(当日学生証提示)
★早期観劇割引 平日夜公演割引 は、会員・一般のみ300円引き
*「学生」および「高校生以下」は、いずれも公演日時点の年齢
出演作・演出:松本哲也
出演:瓜生和成、今村裕次郎、
   松本哲也、森崎健康(KAKUTA)
チラシPDF
託児サービスあり  *5/28(土)のみ

主催:公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団

電話:0422-47-5122(三鷹市芸術文化センターチケットカウンター)

『シャンドレ』2020年11月 こまばアゴラ劇場 撮影:向殿政高
『シャンドレ』2020年11月 こまばアゴラ劇場 撮影:向殿政高

あらすじ

宮崎の小さな電気工事会社に勤める町村(まちむら)は、40歳を過ぎても独身でボロアパートに一人暮らし。趣味と言えば酒くらいで、ほぼ毎晩記憶を無くすほどに酔い潰れている。ある朝、お決まりの二日酔いで目覚めると、洋服に血がついていた。しかしそれがなんの血なのか分からない。行きつけのスナック「シャンドレ」に行ったことだけは間違いないが、それ以外の記憶がまるでない。果たしてこれは……。

町村と彼に関わる男たちの、切なき一夜の物語。

 

松本哲也

作・演出 松本哲也さんからのメッセージ

「シャンドレ」の初演は2020年。当初は10人の出演者で公演を行う予定でしたが、コロナ禍のさまざまな、ホントさまざまな問題で、4人に絞らざるを得ませんでした。しかしそれがどういう具合か、物語が自由に発展し、演者が肉体を駆使し、音と灯が深みを加え、劇世界を彩りました。苦渋の決断は、星のホールに場所を変え、再演させていただくまでに飛躍。今回も少ない人数で、そして広いステージをぜいたくに使わせていただく予定です。ぜひ、濃密な時間を体験しにお越しください。

 
 
『シャンドレ』2020年11月 こまばアゴラ劇場 撮影:向殿政高
『シャンドレ』2020年11月 こまばアゴラ劇場 撮影:向殿政高

小松台東(こまつだいひがし)

2010年の旗揚げ以降、作・演出を務める松本哲也の出身地である宮崎県を話の舞台に、現代“宮崎弁”口語演劇を行っている。のんびりとした宮崎弁から繰り広げられる小松台東の物語は、切なく可笑しく温かい。

HP|komatsudai.com Twitter|@komatsudai

 

 


インタビュー

インタビューページは、こちらのページから!