公開日 2020年05月29日

ティモシー・リダウト ヴィオラ・リサイタル

次世代のスーパースター弦楽器奏者!
カンブルラン、シフ、エッシェンバッハ、ジンマンなど
錚々たる指揮者、演奏家、名門オーケストラが絶賛し、共演を重ねる若き天才

©Kaupo Kikkas

2020年10月11日(日) 15:00開演
三鷹市芸術文化センター 風のホール

チケット
チケット発売中    

WEB予約

【全席指定】会員 S席3,150円・A席2,250円/一般 S席3,500円・A席2,500円
*O-70(70歳以上/ A席限定)2,250円
*U-23(23歳以下/ A席限定)2,000円
*ご入場の際に、身分証明書のご提示をお願いいたします。
※風のホール2階客席へは、エレベーターがございませんので、階段でのご案内となります。
※未就学児は入場できません。
出演ティモシー・リダウト(ヴィオラ)
アンガス・ウェブスター(ピアノ)
曲目J.S. バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバ ソナタ第2番BWV1028
ハンス・ジット:アルバムの綴り
シューマン:おとぎ話
メンデルスゾーン:ヴィオラ・ソナタ
チラシPDF
託児サービスあり  

主催:公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団

電話:0422-47-5122(三鷹市芸術文化センターチケットカウンター)

世界の名門中の名門ロンドン・ウィグモア・ホールがその才能に惚れ込み、同ホールと連続12回の出演契約を締結した1995年生まれの驚異のヴィオラ奏者、ティモシー・リダウト。ライオネル・ターティス国際ヴィオラ・コンクール優勝(2016年)、セシル・アルノヴィッツ国際ヴィオラ・コンクール優勝(2014年)など、華々しいコンクール歴を重ねるリダウトは、今井信子、タベア・ツィマーマン、アントワン・タメスティら現代における世界最高峰のヴィオリストたちからの信頼も厚く、間違いなく今、最も目が離せないアーティストと言えましょう。

今回お贈りするのは、まさにヴィオラでぜひとも聴きたいと思わせる、王道プログラム。世界の巨匠たちを瞬く間に虜にするテクニックと素晴らしい音楽性から繰り出される演奏は必聴です! たっぷりとロマンティックに歌い込まれるリダウトの演奏からは、彼のあたたかで親しみやすい人柄も滲み出るかのように聴こえることでしょう。

共演ピアニストのアンガス・ウェブスターは、イギリスなどで急速に名前を高めている1999年生まれの新星指揮者で、現在、エサ=ペッカ・サロネンのアシスタントとして研鑽を積んでいます。フィルハーモニア管へのデビュー、イギリス国内のメジャーオーケストラの定期公演へのデビューも決まるなど、こちらもティモシー・リダウトと同様にこれからの活動が非常に気になる逸材です。

新時代を担う若者二人の、未来への希望と光にあふれる演奏に、ぜひご期待ください。

 

 *ティモシー・リダウトの「はじめてのヴィオラ」は、こちらのページをご覧ください。