公開日 2022年12月01日


©Warner Classics

レ・ヴァン・フランセ
世界最高峰の管楽アンサンブルが魅せる、聴かせる、比類なきサウンド

2023年3月12日(日) 14:00開演
三鷹市芸術文化センター 風のホール
チケット
[チケット発売日]会員2022年12月1日(木)/一般2022年12月8日(木)    

WEB予約

【全席指定】会員 S席5,850円・A席4,950円
一般 S席6,500円・A席5,500円
*U-23(23歳以下/A席限定) 4,000円
*ご入場の際に、身分証明書のご提示をお願いいたします。
※風のホール2階客席へはエレベーターがありませんので、階段をご利用ください。
※未就学児は入場できません。
出演エマニュエル・パユ(フルート)
フランソワ・ルルー(オーボエ)
ポール・メイエ(クラリネット)
ラドヴァン・ヴラトコヴィチ(ホルン)
ジルベール・オダン(バソン)
エリック・ル・サージュ(ピアノ)
曲目クルークハルト:木管五重奏曲 op.79
ベートーヴェン:ピアノと管楽のための五重奏曲 op.16
フィリップ・エルサン:六重奏曲
エリック・タンギー:六重奏曲(委嘱新作)
プーランク:六重奏曲
チラシPDFレ・ヴァン・フランセ[PDF:730KB]
託児サービスあり  

主催:公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団

電話:0422-47-5122(三鷹市芸術文化センターチケットカウンター)

― 風のホールでは木管楽器が美しく響き、三鷹の聴衆の皆様と音楽を通じたコンタクトは、私にとってとても特別な力と性質をもったものです。(エマニュエル・パユ、2016年)

― ホームグラウンドの一つのように感じている三鷹に戻れて、本当に嬉しいです!(フランソワ・ルルー、2016年)

― 風のホールは素晴らしい聴衆と素晴らしいコンサートの“ホーム”です。(ポール・メイエ、2016年)

名実ともに各管楽器の頂点に立つパユ、ルルー、メイエ、ヴラトコヴィチ、オダンと彼らのサウンドを鮮やかに支えまとめるピアニスト、ル・サージュ。完璧なテクニックと群を抜く音楽性、豊かな音色で世界トップクラスに君臨する名手たちが集う奇跡のアンサンブル、レ・ヴァン・フランセの2002年以降通算8度目のコンサートです。

今回のプログラムは、前半に19世紀後半に作曲家、指揮者として活動したクルークハルトの木管五重奏曲、20代のベートーヴェンが演奏旅行先のプラハで聴いたモーツァルトの「ピアノと管楽のための五重奏曲」に触発されて作曲した同編成の作品が演奏されます。後半は、レ・ヴァン・フランセの委嘱により生まれた21世紀の2作品と、2021年にフランス政府より芸術文化勲章(コマンドゥール勲章)を受章したエルサン、タンギーの作品と、ファンにとってはお馴染みのプーランク「六重奏曲」で締めくくるという粋な構成になっています。エルサンの作品は2019年リリースのアルバム『モダニスム』に収録され、タンギーの作品は新たに委嘱されたもの。古典派から21世紀まで木管アンサンブルの多彩な作品が生で聴ける、またとない機会となっています。

625席の風のホールで聴く「フランスの風」(Les Vents Françaisの日本語訳)を心ゆくまでお楽しみください。

公開リハーサル

2023年3月12日(日) 12:00~13:00 定員20人
会場:三鷹市芸術文化センター 風のホール
公演前のリハーサルの一部を、本公演のチケットを購入されたマークル会員の方または25歳以下の方に公開します。極上のアンサンブルが生まれる瞬間を体験できる貴重なチャンスです! ぜひご応募ください。
*公開時間が短くなる場合があります。 *申込多数の場合は抽選となります。

【対象】 本公演のチケットを購入されたマークル会員の方または25歳以下の方限定
【申込方法】 往復はがきの往信面に下記事項を明記のうえ、お送りください。
 1)氏名 2)住所 3)(学生の方は)学校名・学年、(会員の方は)会員番号 4)本公演のチケットに記載された座席番号(人数分) 5)参加希望人数(チケット購入者2人まで)
 返信用はがきに宛先をご記入の上、次の宛先までお送りください。
【宛先】 〒181-0012 三鷹市上連雀6-12-14 三鷹市芸術文化センター「レ・ヴァン・フランセ公開リハーサル」係
【申込締切】 2023年1月12日(木)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード