公開日 2019年07月09日

企画展

山本有三 翻訳ものの世界

2019年9月7日(土)~ 2020年3月8日(日) 9:30~17:00
会場:三鷹市山本有三記念館

シュニッツラー著 山本有三訳
『情婦殺し』(新潮社 大正15年)
休館日

月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、休日を除く翌日・翌々日が休館)

入館料一般300円(20名以上の団体200円)
年間パスポート料1,000円
*年間パスポートの有効期限は、交付日から1年間です。同記念館の窓口にてお買い求めいただけます。
*「東京・ミュージアムぐるっとパス」を利用できます。
*中学生以下、障害者手帳持参の方とその介助者、校外学習の高校生以下と引率教諭は無料。

主催:公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団/三鷹市

電話:0422-42-6233(三鷹市山本有三記念館)

山本有三が、作家としての雌伏期に手掛けたストリンドベリ、シュニッツラーといった外国文学の翻訳から、どのような要素を吸収し、独自の向日的な作風を確立するに至ったかを探ります。ご期待ください。