館報

号数 主な内容
第15号 開館20周年記念 企画展 銀幕の有三文学 特別寄稿「思い出は心のふるさと」畑三郎(映画史研究家)[PDF:5MB]
第14号 特別掲載:「有三青少年文庫の前身」高橋健二
展示紹介:有三文庫の思い出~子どもたちに本を[PDF:5MB]
第13号 特別寄稿:「歴史物における期間の取り方について」和田竜
展示紹介:史実と創作―有三が描いた歴史[PDF:4MB]
第12号 特別寄稿:「山本有三の年譜を書き直す」 武藤康史
展示紹介:山本有三交友録[PDF:3MB]
第11号 特別掲載:「近衛公を語る」 山本有三
展示紹介:山本有三没後40年 絶筆「濁流」[PDF:2MB]
第10号 特別寄稿:「山本有三と当用漢字表」 阿辻哲次
展示紹介:山本有三と国語 やさしいことば やさしい文[PDF:2MB]
第9号 特別寄稿:「建築と装丁のあいだ」 白井原多
展示紹介:文学の彩り 山本有三作品の挿絵と装幀[PDF:3MB]
第8号 特別寄稿:「山本有三記念館の秘密」 内田青蔵
コラム:「帝国ホテルの建築」 木下和也[PDF:4MB]
第7号 特別寄稿:「生きて生きて、そして生きろ」 小西優司
展示紹介:山本有三の文学修行 海外との交流、役者との出会い[PDF:3MB]
第6号 特別寄稿:「手には仕事を与えよ」 伊藤たかみ
展示紹介:心に太陽を持て 今、胸に響く有三の言葉[PDF:3MB]
第5号 特別寄稿:「「女の一生」をめぐる時代の差、言葉の差」 永田千奈
展示紹介:三人の「女の一生」―ジャンヌと允子とけい[PDF:4MB]
第4号 特別寄稿:「当用漢字と『路傍の石』―有三が国語改革に託したもの―」 円満字二郎
展示紹介:文化人・山本有三の足跡―『竹』から読み解く昭和20年代[PDF:3MB]
第3号 特別寄稿:「ヨーロッパ近代文学と山本有三」 鹿島茂
展示紹介:小説家・山本有三の時代―「生きとし生けるもの」から「波」まで[PDF:3MB]
第2号 特集:有三文庫の思い出「山本有三記念館への感想や意見について」館長 矢野勝巳[PDF:2MB]
創刊号 特別寄稿:「次代に伝える理念 ─山本有三と『日本少国民文庫』編集者たちの熱意─」 久米依子
「創刊に寄せて」 三鷹市市長 清原慶子[PDF:3MB]

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード