公開日 2020年09月29日

【次回展覧会】

三鷹市美術ギャラリー収蔵作品展Ⅰ 靉嘔

2020年12月5日(土)~2021年2月28日(日)
会場:三鷹市美術ギャラリー
三鷹市美術ギャラリー収蔵作品展Ⅰ 靉嘔チラシ
開館時間 10:00-20:00(入館は19:30まで)
休館日

月曜日

(1/11(月・祝)は開館)、1/12(火)、年末年始(12/29(火)~1/3(日))
観覧料

無料

三鷹市美術ギャラリー
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-35-1 CORAL(コラル)5階→会場地図
電話:0422-79-0033
主催:三鷹市美術ギャラリー・公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団

会場:三鷹市美術ギャラリー(第1・第2展示室)

三鷹市美術ギャラリーでは本年より5年間5回にわたって収蔵作品展を開催します。
その第1回として、もっとも多くの作品を収蔵する現代美術家 靉嘔(あいおう) の作品を取り上げます。

靉嘔(本名飯島孝雄)は1931年茨城県出身。海軍軍人であった父の勤務地の関係で度々転居をくり返し、54年東京教育大学(現・筑波大学)教育学部芸術学科油絵科を卒業します。在学中、瑛九(えいきゅう)(1911-60)が設立した「デモクラート美術家協会」に入会し、積極的にグループ展に出品するようになりました。55年には池田満寿夫(いけだますお)(1934-97)らと「実在者」を結成し、タケミヤ画廊で初の個展も開催します。

デモクラート美術家協会解散後、58年ニューヨークに渡り、62年にはアメリカで最初の個展を開催します。そして視覚や触覚といった人間の五感に世界を読み込もうとする姿勢が「虹」の探求に向かうことになりました。世界規模の前衛芸術集団であるフルクサス(FLUXUS)に参加するのもこの頃、60年代前半です。

64年、33歳の年にニューヨークで初めてレインボー作品を発表し、以後現在に至るまで、赤から紫までの可視光をあらゆるものに重ね合わせるレインボー作品で世界各地の展覧会に参加、受賞を重ね、90年には第22回日本芸術大賞、95年には紫綬褒章、2005年には旭日小綬章を受章しています。

6色から最多で192色にまで分割された虹のグラデーションは、結局24色に落ち着き、1987年6月の3日間には、パリのエッフェル塔に24色300メートルの虹を架けるに至りました。なぜ虹なのかという問いには、作家自身明確な回答を用意しているわけではありません。今回の展示は版画168点、アクリル画4点、立体1点で構成されています。これらの作品世界がご覧になる皆さんにどのような感情を呼び起こすことになるのか、それがひとつの回答であると言ってもよいかもしれません。どうぞごゆっくりお過ごしください。

 

Then, Mr.Ay-O got drunk by the Rainbow 1
《Then, Mr.Ay-O got drunk by the Rainbow 1》
 1974年 シルクスクリーン *
Then, Mr.Ay-O got drunk by the Rainbow 29
《Then, Mr.Ay-O got drunk by the Rainbow 29》
 1974年  シルクスクリーン *
摩訶般若波羅蜜多心経 "H"
《摩訶般若波羅蜜多心経 "H"》
 1986年 シルクスクリーン *

 

my new york still life Ⅲ kitchen store
《my new york still life Ⅲ kitchen store》
 1986年 シルクスクリーン *
ルソーに捧ぐ
《ルソーに捧ぐ》
 1987年 シルクスクリーン
虹の四季・冬
《虹の四季・冬》
 1990年 アクリル

 

まるのなかのしかく Ⅲ
《まるのなかのしかく Ⅲ》
 1990年 シルクスクリーン *
Cage mix No.8
《Cage mix No.8》
 1995年 シルクスクリーン *
Cage mix field
《Cage mix field》
 1995年 シルクスクリーン *

 

Animated rainbow of Finnegans wake #3
《Animated rainbow of Finnegans wake #3》
 1995年 シルクスクリーン *
ルソーの森の考える虹猿
《ルソーの森の考える虹猿》
 1999年 シルクスクリーン *
Rainbowed Rousseauのピエール・ロティ氏の猫
《Rainbowed Rousseauの
 ピエール・ロティ氏の猫》
 1999年 シルクスクリーン *

 

Rainbowed Rousseau 眠れるジプシー女
《Rainbowed Rousseau 眠れるジプシー女》
 2000年 シルクスクリーン *
レジェの猫
《レジェの猫》
 2001年 シルクスクリーン *

《192 Gradation Rainbow》
 2004年 シルクスクリーン *

 

*印は森秀貴・京子コレクション

 

新型コロナウイルス感染症の状況によって、休館・会期・開館時間・内容が変更となる可能性があります。
最新の情報をホームページやお電話でご確認のうえ、ご来館ください。
ご来館の際には以下の事項につきましてご理解とご協力をお願いいたします。

【ご来館されるお客様へのお願い】

  • ご入場の際はマスクの着用をお願いいたします。
  • 入口の消毒液で手指を消毒し、壁、展示ケース、作品にはお手を触れないようご協力ください。
  • 入口にて非接触型体温計により検温させていただきます。37.5℃以上の発熱が認められた場合、入館をお断りいたします。
    発熱や体調不良等の風邪症状のあるお客さまは、ご来館をお控えください。
  • 他のお客様と1~2m程度を目安に十分な間隔を保ってご観覧いただき、飛沫拡散防止のためできるだけ会話はお控えください。
  • 来館者カードに氏名、連絡先等のご記入をいただきます。
  • コインロッカー、鉛筆の貸出を中止しております。
  • 混雑時には、入場を制限する場合がございます。