公開日 2024年07月10日

上野耕平 × 山中惇史 × 石若 駿
スリリング、スペクタクル!
凄腕トリオが舞台を極彩色に染め上げる、圧巻のステージ
2024年12月21日(土) 16:00開演
三鷹市芸術文化センター 風のホール
チケット
チケット発売日会員7月30日(火) / 一般8月6日(火)    
【全席指定】会員 S席4,500円・A席3,600円
一般 S席5,000円・A席4,000円
O-70(70歳以上/ A席限定)3,600円
U-23(23歳以下/ A席限定)3,000円
*U-23の中学生以上の方およびO-70ご利用の方は、入場の際に身分証明書のご提示をお願いいたします。
*未就学児は入場できません。
出演上野耕平(サクソフォン)
山中惇史(ピアノ)
石若 駿(パーカッション)
曲目吉松 隆:サイバーバード協奏曲
J.S.バッハ:G線上のアリア
石若 駿:Playgroundz  ほか
チラシPDF
託児サービスあり  

主催:公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団

電話:0422-47-5122(三鷹市芸術文化センターチケットカウンター)

出演者

上野耕平
上野耕平(サクソフォン)
©Yuji Ueno
山中惇史
山中惇史(ピアノ)
©Takafumi Ueno
石若 駿
石若 駿(パーカッション)
©Seiya Uehara

今、時代や音楽ジャンルのボーダーや壁を越え、音楽的な振り幅の広いアーティストたちが注目され、日本の音楽シーンを熱くしています。この現象の中心的な存在が、1990年代前半生まれの音楽家たちと言っても過言ではありません。

今回、風のホールに初登場されるサクソフォンの上野耕平、ピアノの山中惇史、パーカッションの石若 駿は、まさに上記の世代を代表する、最強トリオ。彼らは東京藝術大学在学中からお互いをよく知り、コラボレーションを重ねてきました。

第28回日本管打楽器コンクール サクソフォン部門を史上最年少で第1位および特別大賞受賞、アドルフ・サックス国際コンクール第2位入賞のサクソフォン奏者、上野耕平。ピアニスト、作曲家、編曲家としてマルチな活動を展開し、ジャズや現代音楽にも精通する山中惇史。くるり、椎名林檎、米津玄師ほか数多くのライヴ、レコーディングに参加する新世代のジャズ・ドラマー、石若 駿。三者それぞれ唯一無二の感性、エネルギーがスパークする、心踊る化学反応をぜひご体感ください!