公開日 2020年06月24日

【会場変更のお知らせ】本公演は、三鷹市芸術文化センター星のホールにて開催を予定していましたが、会場内のソーシャルディスタンス確保のために『三鷹市公会堂 光のホール』で開催することとなりました。チケットをご購入いただいている全てのお客様には、封書にてご連絡を差し上げます。ご不便をおかけして申し訳ございませんが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

【演目】『平林』古今亭まめ菊、『のめる』柳亭市弥、『死神』古今亭菊之丞
 (仲入り) 浮世節 ~奴さん~ 立花家橘之助、『三味線栗毛』古今亭菊之丞

2020年 7月11日(土) 14:00開演
三鷹市公会堂 光のホール

チケット
    
出演
チラシPDF
託児サービス  

主催:公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団

電話:0422-47-5122(三鷹市芸術文化センターチケットカウンター)

まるで“江戸の町から抜け出してきた若旦那”のごとき様子の良さと、
口跡鮮やかな語り口で、
お客様を江戸の街へといざなう、古今亭菊之丞。
夏の入口、江戸の風を感じながら、ひとときの涼。
お待ちしております。

独演会に寄せて 古今亭菊之丞

いつもご贔屓を賜りましてありがとうございます。
今回はゲストに、浮世節の立花家橘之助師匠をお招きいたしました。
まだ「三遊亭あす歌」で高座に上がられていた頃、
テレビで“お天気お姉さん”をやってたんですねー。
「私見てました!」「わーありがとう!」「子供の頃に」「ヤな子ね!」
見事にしくじりました。
いつも明るい橘之助師匠の高座もお楽しみください。