公開日 2024年07月10日

みたかジュニア・オーケストラ 結団25周年記念演奏会 新たな未来を切り拓く ―MJO@ICU―
国際基督教大学 礼拝堂
(三鷹市大沢3-10-2)
2024年 9月23日(月・休) 14:00開演
チケット
チケット発売中    

WEB予約

【全席自由】会員1,000円 / 一般1,500円
小学生~高校生500円
*未就学児のお子さまのご入場はご遠慮ください。
*本公演に託児サービスはありません。

会場 国際基督教大学 礼拝堂(三鷹市大沢3-10-2)
出演内藤佳有(指揮)、小川正毅(指揮)、徳岡めぐみ(パイプオルガン)、
久保昌一(ティンパニ)、みたかジュニア・オーケストラ(管弦楽)
曲目ラヴェル:バレエ音楽『ジャンヌの扇』よりファンファーレ
ホルスト:吹奏楽のための第2組曲
デュプレ:行列と連祷 op.19/2
J.S.バッハ:フーガ ト短調 BWV 578
J.S.バッハ:目覚めよと我らを呼ぶ声あり BWV 645
デュリュフレ:ソワッソン大聖堂のカリヨンの主題によるフーガ op.12
プーランク:オルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲ト短調 FP93
エルガー:行進曲「威風堂々」第1番
チラシPDF
託児サービスなし  

主催:公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団

電話:0422-47-5122(三鷹市芸術文化センターチケットカウンター)

Pearl.助成:公益財団法人JKA  共催:国際基督教大学宗教音楽センター
後援:三鷹市/ 三鷹市教育委員会/ 国際基督教大学
打楽器楽器協力:パール楽器製造株式会社

KEIRIN


久保昌一 (ティンパニ/MJO講師)
久保昌一 (ティンパニ/MJO講師)

みたかジュニア・オーケストラ(MJO)は1999年の秋に発足して以来、約150回のコンサートに出演し、多くのお客さまからの温かい拍手と応援をいただきながら成長しました。今年で結団25年を迎えるにあたり、国際基督教大学(ICU)とのコラボレーションが初めて実現しました!

最もご注目いただきたいのは、フランスの作曲家プーランクが1934年から1938年にかけて作曲した「オルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲」です。

ICUオルガニストの徳岡めぐみとNHK交響楽団の首席ティンパニ奏者でMJO講師を務める久保昌一との共演で演奏します。ドラマチックかつ美しい旋律が次々と登場し、ティンパニとかけ合いながら展開されます。その他、MJO管・打楽器によるアンサンブルやオルガンの名曲を中心としたソロ作品もお届けします。MJOにとって、新たな歴史の1ページとなること間違いありません!

 

徳岡めぐみさんからのメッセージ

徳岡めぐみ (パイプオルガン/ ICUオルガニスト)
徳岡めぐみ (パイプオルガン/ ICUオルガニスト)

プーランクはオルガンのための「協奏曲」をコンサートホールではなく、教会での演奏を可能にするため、オーケストラの編成を小規模にしました。また、宗教音楽と並ぶ重要な作品と捉えていたようです。今回、みたかジュニア・オーケストラの皆さんと、三鷹市にある国際基督教大学礼拝堂の日本においては歴史あるパイプオルガンで、このプーランクの作品を演奏できることをとても光栄に思います。オルガン・ソロ曲では、バッハの有名な2作品に加えて、プーランクと同時代の作曲家、オルガニストであった2人の作品をご紹介します。パリ音楽院教授を務め、世界中で演奏活動を行ったデュプレの「行列と連祷」は、最も愛されている作品の一つです。そして、プーランクのこの「協奏曲」の初演でオルガンを演奏したデュリュフレの美しい「フーガ」を最後に演奏します。